オジサンの主張は曲がらない >

オジサンの主張は曲がらない

テレビのインタビューなどで、「思い」のことを聞かれたとしたら、君はどんなことを答える?「芸術家」って、人それぞれで感じ方が違うかもしれないね。
写真

無我夢中で走るあなたと霧

今のようにインターネットが無くてはならない物になるとは、子どもだった私は全く予想できていなかった。
品物を売る会社は今から難しいのではないかと考える。
インターネットを使って、できるだけ価格の低い物を発見することができるから。
競争が進んだところで頻繁に目立つようになったのが集客アップを目的にしたセミナーや商材販売だ。
現在は、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかよくわからない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

曇っている仏滅の早朝に目を閉じて
夏休みで企画がとってもたくさんで、このごろ、晩にも人通り、車の通りがものすごく多い。
地方の奥まった場所なので、平素は、夜分、人の行き来も車の往来もめったにないが、花火大会やとうろうなどがされていて、人の行き来や車の通行がものすごく多い。
日ごろののんびりとした夜間が妨げられていささか耳障りなことがうざいが、常日頃、にぎやかさが僅少な田舎が活気がでているようにうつるのもまあいいのではないか。
近くは、街灯も存在しなくて、小暗いのだが、人通り、車の通行があって、活気があると陽気に思える。

ぽかぽかした土曜の朝に外へ

太宰治の、「斜陽」は、何回も読みたくなると思う。
戦前は貴族の娘だったかず子が、根強くて負けない女に変貌する。
読むにつれて立派だと思わずにいられなかった私。
これくらい、誰にも負けない気の強さと、意見を押し通す意志が終戦後は必要不可欠だったのかもしれない。
分かるけれど、不倫相手の作家の妻からしたらうざいだろうとも思える。

一生懸命お喋りするあいつと壊れた自動販売機
日本全国、たくさんの祭りがあるようだ。
生で確認したことはないが、良く知っている祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りである。
絢爛豪華な彫刻をした、笠鉾と屋台の合計6基。
祭りの概要が分かる会館を観光したときには、ビデオや実物大の屋台と笠鉾を見せてもらった。
寒い12月に開かれるので、冬祭りとも呼ぶみたいだ。
リアルタイムで見てみたい祭事の一個である。
8月に開かれているのは、福岡市のほうじょうやが有名で、すべての生き物の殺生を制限するお祭り。
江戸の頃は、このお祭りの行われている間は、漁も禁止されたらしい。
代々続く祭事も重要だが、私はりんごあめも同じくらい大好きだ。

気持ち良さそうに熱弁するあの子と突風

版画や写真といった芸術が好きだし、絵も描けるのに、写真が非常に苦手だ。
でも、前は上機嫌で、一眼を持ってた時もあり、出かける時には必ず持ち歩いたりした。
あまりにもレンズが合ってなかったり、変な配置なので、一眼が説教してきそうだった。
けれど、カメラや写真の加工はやっぱり凄くかっこいいと思っている!

ノリノリでダンスする母さんと私
オフィスで身に着けるパンツスーツを手に入れに来た。
コムサでモードとかフォーマルなショップも憧れるけれど109もありだと思う。
20代くらいの活発な女性服のショッピングビルで体にフィットする製品が多いのが特徴。
値段はショップによって差が出てくるが、なんとなく安価。
店を選び、購入する物を探していたが、細身の物ばかり置かれていた。
着た感じも、少しは都会的に見える気もする。
良い感じのスーツ購入ができて、かなりうれしかった。

怒って泳ぐ妹と冷たい肉まん

去年の夏の真っただ中、冷房の効いた部屋の中で冷たいドリンクをしょっちゅう摂取していた。
私は夏は熱中症にかかっていたので、体を冷やすことが大事だと考えたから。
クーラーの効いた部屋の中で、カーディガンもなし、そしてレモネードにハーゲンダッツで体まで冷やした。
なので、健康だと感じていた夏。
すると、その年の冬に、前の年の冬よりももっと冷えを感じることが多くなった。
部屋の外で行う仕事が増えたこともあるが、寒すぎてコンビニへすら出れないという状態。
なので、たぶん、猛暑の中の生活習慣は冬の体調管理にもつながると思っている。
必要な栄養を取り、均等な過ごし方をするのが一番だと思う。

雨が上がった週末の晩は冷酒を
学生のときから興味はあっても行ったことはない、だが、夜の動物園は、夜に活動的な動物がとっても活発に動いていて見ていてたまらなく楽しいらしい。
行ってみたかったけれど、昼間ではない動物園は見に行ったことがないけれど、娘がもうちょっと動物をこわがらないようになったら見に行ってみようと思う。
もうちょっと楽しめるようになったら、必ず、子供もはしゃいでくれると思うから。
昼間の動物園と隔たりのあるたたずまいを妻も私も楽しみながら味わってみたい。

目を閉じて口笛を吹くあいつと僕

タイムイズマネーは、凄いセンテンスで、ぼーっとしていると、見事にあっという間に時間が無くなってしまう。
もーっと、早く勉強も業務日報も終わらせることが出来れば、その他の作業に必要な時間を回せるのに。
掃除をしたり、散歩したり、自炊したり、メルマガを読んだり。
ということで、最近はテキパキ終わらせようと努力しているが、いつまで出来るのか。

怒って歌う彼女と霧
昨年から、鹿児島に住むようになって台風をとっても気にかけることになった。
風の被害が全然違うからだ。
佐賀に住んでいたことも茨城に住んでいたこともあるが、台風の強さが全然違う。
サッカーのゴールポストが転がり走ると聞いたときは、大げさだと思ったが、現実だった。
大型台風が直撃した後は、ヤシや高い樹は道に倒れ、海沿いの道路は海からのゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海辺の家では、車のフロントガラスが破損したり、家のガラスが割れ、風が入って天井が壊れたりと冗談と思っていたようなことを見てしまった。
直撃せずにかすめていくだけでも風は大変強く、古い民家にいると家の揺れてきしむ音がたいそう心配してしまう。

サイトカテゴリ

Copyright (c) 2015 オジサンの主張は曲がらない All rights reserved.
▲ページの先頭へ