オジサンの主張は曲がらない >

オジサンの主張は曲がらない

たとえば、何も知らない宇宙人に「漁師」のことを説明するなら、どんなふうに説明する?「スープカレー」の目立つ特徴とか、ううん、そもそも地球のの説明から始まるかもね。
写真

雪の降る水曜の午前はシャワーを

旅行でも仕事でも、韓国に行く機会が多い。
なじみがあるのは、日本からすぐのプサン。
観光ももちろんだが、特に女性は化粧品や服など興味がある方も多数だろう。
韓国では見た目へのこだわり、つまり自分磨きへの情熱は強い。
転職や、お見合いの際に、日本よりもあからさまに判断する場合が多い。
という事で、韓国のスキンケアは、肌に良い成分が日本の商品より、多く含まれている。
という事から、合う合わないは出てくるものの、使用後は期待してしまう。

じめじめした祝日の夜明けに歩いてみる
手を出せば、仕上がるまでに時間がかかるものは、身の回りにたくさんある。
パッと思いつくのが、外国の言葉ではないかと思う。
だけど、隣国で使用される韓国語は、例外的で、日本語と語順が一緒で、尚且つ日本語にない音が少ないので、取っ付きやすいらしい。
韓国語を特訓していた友達の明日香ちゃんは、今からのスタートでもわりと習得しやすいので良いと思うよ、とのこと。
ほんの少しいいなーと思ったけれど、丸や縦線を組み合わせたような韓国語の文字は記号にしか見えない。

騒がしく踊る子供と花粉症

夏らしいことを特にやっていないが、仲のいい人と来週、コテージをレンタルしてバーベキューをする。
暑い季節の流れだけれど、まれに、息抜きになる。
男が少人数なので、ものすごく色々と火をおこしたり準備をしないといけない。
特に、重い物を運んだりが、女の人は苦手な人がけっこういるので、頑張らないと。
ですがきっとみんなで焼酎を飲むからその時は、焼酎をほどほどにするように注意しよう。

月が見える水曜の朝は歩いてみる
石田衣良さんという物書きに魅せられたのは、愛の紹介で。
愛がいない部屋というタイトルの短編が納められた短編集がパソコンの前に置いてあったから。
地元の新潟のお母さんが読んでいたものだそうで、その後米や果物と同時に宅急便で送ってくれたらしい。
当時は全然有名でなく、世に知れていなかった石田衣良さん。
彼女は元々手記や自己啓発、雑誌などは買う。
だけど、所謂小説は読まないので、愛がいない部屋を私にあげる!という。
彼女のお母さんは、どんなことを思いながら、愛がいない部屋を手に取ったのだろうか。

陽気に話すあの子と夕焼け

意識しなかったけれど、スポーツも少しはやらなくてはと此の程思う。
勤め先が異なるものになったからか、このごろ、走ることがとても減り、体脂肪がすごく上がった。
それから、年齢もあるかもしれないけれど、おなかに脂肪が増えてきて、たいそう見苦しい。
わずかでも、努力しないといけない。

雨が上がった仏滅の明け方は昔を懐かしむ
少し前、体の状態が悪いのに、食生活と、睡眠の内容が良くなかったので、口内炎が激増した。
このままじゃヤダと考えて、食生活を整え、肌にいい事をやろうと周りの意見を聞いた。
根強くファンが多かったのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
現在でもごくごくと飲むことにしている。
あのレモンよりもビタミンCが豊富に摂取できるとの事だ。
コンディションと美しさはやっぱり果物から形成されるのかもしれない。

息もつかさず熱弁する君と穴のあいた靴下

最近、明日香と麻衣子と海外旅行に行きました。
この2人は、私の学生時代の友人で、一緒に学んだ仲です。
しかも、学んだのはトラベル全般と観光英語だったので、観光が、好きな学生たちであふれていました。
とくに、この2人を含む、気の合う6人で世界各国へ宿泊した思い出は忘れられません。
私はもともとそれ程友達が多くないし、しかもそれで良いと思っています。
という事で、素直に喜んだけれど、すぐ隣で麻衣子が満足しているような顔をしてくれたのもツボでした。

気持ち良さそうにダンスする弟とぬるいビール
ブームが去った今、任天堂DSにハマっている。
最初は、TOEIC対策に英語漬けや英語関係のゲームソフトを中心にしていたのみだった。
だけど、ヨドバシでゲームソフトを選んでいたら他の物に目移りしてしまい、いつも欲しくなってしまう。
絵心講座や、リズム天国、逆転検事など多数。
旅行に役立つ、トラベルシリーズも売れているらしい。
DSは、移動中などの退屈な空き時間には活用できそうだ。

気どりながら吠える兄弟と暑い日差し

きょうは、梅雨が明けて初めて雨になった。
餌釣りの約束を釣り仲間としていたのだけれど、雷まで鳴ってきたので、さすがに危なそうで行けそうにない。
気がついたら、雨が降っていなかったので、できれば行ってみるということになったのだが、釣りに行くための準備を終えて、行ってみたら雨が降ってきた。
雨が止んだことにより来ていた釣り人が、あせって釣りざおなどを車に片づけていた。
餌も解かして用意していたのに残念だった。
次の機会にと言って釣りざおなどを片づけた。
明々後日からは晴れが続くみたいだ。
なので、今度こそ予定を立てて行ってみる。

控え目に泳ぐ父さんと読みかけの本
友達のマンションのベランダで育てられているミニトマトは、かわいそうなミニトマトなのかもしれない。
枯れる直前まで水を与えなかったり、なんとなくミックスジュースをあげてみたり、味噌汁をプレゼントしてみたり。
泥酔の私と彼女に、ほろよいシリーズの酎ハイを飲まされた時もあり。
トマトの親である友人は、次回絶対トマトジュースを与えてみたいらしい。
すでにトマトの心は完全に関係ない。

サイトカテゴリ

Copyright (c) 2015 オジサンの主張は曲がらない All rights reserved.
▲ページの先頭へ