オジサンの主張は曲がらない >

オジサンの主張は曲がらない

テレビのインタビュー等で、「おむすび」のことを尋ねられたとしたら、アナタはなんて答える?「ドクター」は、人それぞれで考え方が千差万別なのかもね。
写真

気どりながら大声を出す先生と暑い日差し

珍しく不安な感じに陥ってしまい、何をしていても集中できなかった。
特に理由はないけれど、思い立ったように悲観的になったり、今やっていることが無駄に感じられたりした。
けれど、とある仕事ができた。
内容は結構大きな野外の催しで大手案件だった。
精神状態を理由にしてはいけないと思い切り替えて真剣になっているうちにカラリと軽い気持ちに戻ってきた。
気付いたけれど安定感がない時、外出して陽の光を浴びるという事をしなかったと思う。
お昼に出かけるのも良い事だと思うようになった。

ゆったりと叫ぶ彼とオレ
都内でも古くから有名な下町が、台東区にある浅草。
特に由緒あるお寺が浅草の観音様。
そこそここの頃、参拝に行った。
久しく行く東京浅草寺。
さらに、自分の目でちゃんと確認して分かったのが、外国人の旅行客がたくさんいるという事実。
各国より旅行客の集まる浅草だが、昔よりどのように見ても多くなった。
おそらく、世界一の総合電波塔である、スカイツリーが建った影響もあると思う。
近隣の諸国からは、新東京国際空港のハブ化に伴い便利になったという事から、プラス、ヨーロッパ方面やアメリカからは、着物や和装小物に憧れてやってくる観光客が多数だと感じる。
されおきこれからの未来も多くの外国人観光客が来ることを予想した。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る印象を抱いてほしい。
私はというと、仲見世通りを心行くまで散策することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしなどをたくさん買って、足袋や木刀も見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、立派な浅草寺本堂が見えてきた。
この屋根瓦は雨に濡れてもさびにくいチタンを採用して、改修工事を行ったそう。
秘仏である観音様に日頃の感謝と旅の無事を祈りご参拝した
今年の成果が、これから先実るといいなと。

凍えそうな金曜の午前に冷酒を

今更ながら、中学生のころから高校生まで心から勉強をしていなかった。
友人が必死で学んでいても、自分は言われるままの内容をひたすら行うといった感じだったように思う。
しかし、短大に入学してから私の興味のある分野の勉強に変わると、内容がどばっと入ってくるようになった。
そして、入社し、研修期間の勉強を経て本当の業務になると、今度は頑張って学習せざるを得なくなった。
楽しくないとか感じる間もなく、とにかく学習する時期が続いた。
このような期間をしばらくすると、次は学校時代に怠った勉強を見直したいと思うようになった。
現在では、同じように感じている人が周りにたくさんいる。

風の無い水曜の午前に熱燗を
ある曇りの日の夕方、少年は母親からおつかいを頼まれて、はくさいとネギとぶた肉を買いにいく途中であった。
少年は喜んだ。
今日はおなべだ!やったぁ!…と。
だが、事件はその時起きたのである。
なんと、ズボンのポケットに入れていたおつかい用のお金2千円が、どこにも無いのだ!
少年はお店のレジの行列に並ぶ前に、念のためポッケの中に手を突っ込んで確認してみたのだ。
そして、その瞬間、お金が何処にもないという事実に気付いたのである。
怒られる覚悟を決め、少年は手ぶらで家へ向かうことにした。
今後は、お金は靴か靴下に入れよう。
少年は空を見上げて固く決意した。

汗をたらして踊る彼と電子レンジ

一人の人間のおおよそは水分だという研究もありますので、水は一人の人間の基盤です。
水分補給を充分に行い、皆が元気で楽しい夏を過ごしたいですね。
輝く強い日差しの中から蝉の鳴き声が耳に入るとこの時期、いつも外出しないという方でも外出したいと思うかもしれません。
すると、女性だったら紫外線対策についてマメな方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌の手入れは夏が過ぎた頃に出るという位なので、どうしても気にかけてしまう所かもしれません。
やはり、誰もが気になっているのが水分摂取についてです。
もちろん、普段から水の飲みすぎは、良いとは言えないものの暑い時期ばかりは例外かもしれません。
なぜならば、多く汗を出して、知らず知らずの間に水分が抜けていくからです。
外に出るときの自身のコンディションも関係することでしょう。
ひょっとすると、自分自身が気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
真夏の水分摂取は、次の瞬間のコンディションに表れるといっても言い過ぎではないかもしれないです。
短時間だけ外へ出るときにも、ちっちゃいもので大丈夫なので、水筒があるとすごく便利です。
一人の人間のおおよそは水分だという研究もありますので、水は一人の人間の基盤です。
水分補給を充分に行い、皆が元気で楽しい夏を過ごしたいですね。

汗をたらして大声を出す子供と壊れた自動販売機
久しぶりの外での仕事の当日、初めて仕事でお世話になったAさんという男性は、大きな男性だ。
入社時に会った時以降厳しそうで、プラーベートな会話は少しも話す機会がなかった。
前回、何気なくAさんの袖をまくったうでをみてかなりびっくりした!
大きなパワーストーンブレスレットいくつもつけられていたから。
ついつい、天然石大好きなんですね!と話しかけてしまった。ほど。
そしたらAさんは得意げで、いきなり笑顔で、ひとつひとつの天然石の由来語ってくれた。

泣きながら踊る友人と冷たい雨

仕事で出会った女性がいる。
今までに出会ったことのないようなイメージで、その話がいつも面白かった。
それに加えて、彼女は資格大好きだということ。
幼稚園の先生の免許、スキューバーの資格、インテリアコーディネイター。
TOEIC800点、総合旅行業務取扱主任者、危険物取扱。
公認会計士も取得していると言っていたような・・・。
さすがにこれを父に話したら、君の聞き間違いだと思う、と言われたけれど。
彼女は、かなり年上の専務と職場結婚で退職していった。

涼しい平日の夕方に読書を
身体検査は、毎度なにかしら引っかかる。
脈だったり、数値だったり、尿だったり。
胃のレントゲンを発泡剤とバリウムを飲み干して受けてみて、結果がくると、胃がんの疑いが存在して、早急に、胃カメラを紙面に記載の病院にて受けてください。
と書き記してあったのには、あせった。
あせったていうかおそろしかった。
早く評判の良い病院に診断されに車で行ったら、結局、胃炎だった。
胃はかねがね痛かったので、検診に引っ掛かったのはわかるが、文言で自分の名前と胃がんの疑いが存在すると記載してあったら心配だった。

泣きながら跳ねる姉ちゃんと僕

晩酌に、ビールを一人で飲むのが習慣になっているけれど、最近、その後にワインも飲んでいる。
もちろん、次の日に誰かと会うような仕事がない時に限定されるけれど。
横浜にいた時に、マンションの近くで酒屋を発見して、父の日のために購入したことがある。
私は若干見栄を張る癖があるので「1万円くらいの高級ワインを探しています」などと話して。
家族に届けた、そのワインが1万円ほどしたことを我慢できずに言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他には何もいう事は、なさそうだった。
以来、私はあまりワインの質にこだわらなくなった。
あー最高だと思えるアルコールだったら、金額や質にはこだわらないと決めた。

前のめりで口笛を吹く先生と紅葉の山
テレビを眺めていたり街を歩いていると、可愛いな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、正統派の美しさとは言えなくても、個性的だったり、オーラがあったり。
個人の雰囲気は、本人の内面かもしれない。
凄く大事だと思う。
最近注目しているのがミュージシャンの西野カナだ。
歌番組を見て、初めてインタビューを受けている姿を見た。
なんてかわいいんだろう!と思わずにいられない。
愛嬌のある顔立ちに、スタイルも丁度いい感じ、淡い色がとても合う印象。
喋り方がほわんとしていて、名古屋弁なのもポイントが高い。
歌は割と聞いていたけれど、これを見てから余計にファンになった。

サイトカテゴリ

Copyright (c) 2015 オジサンの主張は曲がらない All rights reserved.
▲ページの先頭へ