オジサンの主張は曲がらない >

オジサンの主張は曲がらない

「幸せ」のことの本や論文を書くとしたら、どんなことを調べる?「スパゲッティ」の由来や歴史とかだろうか。それとも、自分独自の観点からくる意見かな。
写真

薄暗い月曜の夜にお酒を

午前中、時間にゆとりが作れたので、ゲオに足を運んだ。
追加でMP3プレイヤーに入れる音楽を見つけるため。
現在進行形で、かなり聞いたのが西野カナ。
時期に関係なく習慣になっているのが洋楽。
アメリカ人以外の作品も素敵だと近頃思う。
そこで、今回借りたのは、アリゼだ。
甘い声とフランス語の発音が素敵だと思う。

そよ風の吹く祝日の午前にこっそりと
とある真夏の昼過ぎ。
少年は外で、アリの行列が死んだ虫をせっせと運ぶところを注意深く観察していた。
アリ達は一生懸命働いているのだが、虫の死体一つでこんなにもいっぱいの蟻がいたって、意味が無いんじゃないのかと、少年は不審に感じた。
少年は、アリ達が運んでいる虫の死骸を指ではじいたらどうなるかな、という欲求が湧いてきた。
だが、今日は単純に見守ることにした。
暑い夏の日なので、少年の汗がダラダラと流れ、しずくとして地面に落ちた。

じめじめした日曜の晩は目を閉じて

ある夜中、私は友達と、東京から下道を使用し、茅ヶ崎に向かった。
なぜかと言うかは、私の一眼レフのカメラで写真を撮ることだったが、なかなかうまく映らない。
浜辺は久しぶりだったから、そのうちサンダルを脱いで海の中に入りはじめた。
それも飽きてしまい、ビーチで山を作ることをしはじめた。
この時位までは、実際に近くにあった黒い一眼。
思う存分楽しんで、帰る中、ガソリンスタンドでデジタル一眼が見当たらない事に驚いた。
仕方なく家まで帰ったけれど、それからしばらく、最高に残念な思いをした記憶がある。
たくさんの写真が入った宝物のデジタル一眼、今はどの場所にあるんだろう?

どんよりした祝日の朝は椅子に座る
買いととのえた縫物用の布で、幼稚園に通い始めるひとり娘のきんちゃく袋を作らなくてはいけない。
まあ妻が作るのだけれど、自分もいやではないので、大変そうだったらいっしょにしようと考えている。
指定のものをしまう何かが園に入園するのに必須のようだ。
ミシンもやっとのことで家に届いた。
使った感じも感じてみようと思う。

ノリノリで熱弁する母さんと紅葉の山

昔、正社員として多くの人に囲まれて働いていた。
だけど、年数がたつにつれて、人と一緒に何かするというのに無理だと痛感した。
拘束時間が時間が長く、チームプレイで進めていくので、仕方のない事だが、噂話がしょっちゅう。
それを好きになればじょうずになっていけるのかもしれない。
しかし、別にいいじゃんとしか思えないのだ。
その上、仕事のペースがスローな人に合わせるという努力ができない、早い人に合わせられない。
周りは努力が見られない!と思うだろうが、父にはそういう運命だと言われた。

無我夢中で吠える彼と俺
辺ぴなところに住んでいると、ネットでものがお手軽に買えるようになったのが、すごく役立つ。
その理由は、まともな本屋が市内に2軒しかなく、本の品ぞろえも悪いから、手に入れたいマンガも手に入らないからだ。
本屋で取り寄せるよりネットショップで購入するほうが手間がかからない。
だって、本屋に行くだけで原チャで30分かかるからとてもめんどうだ。
オンラインショップに慣れたら、他のものもオンラインショップで手に入れるようになった。
他のものもインターネットで買うようになった。
電化製品は、ネットのほうが必ず安いし、型番商品は絶対にネット購入だ。
ただ、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

じめじめした木曜の朝は外へ

タリーズでもマックカフェでもさまざまな場所でコーヒーを飲める。
他にも、家でインスタントを入れても手軽だし、いろんな場所で缶コーヒーでも。
私が一番好きなのは、スタバだ。
全店ノースモーキングと言うのが、タバコの嫌いな私にとってお気に入りだ。
そのため、コーヒーの香りを楽しめる。
値段も決して安くはないが、上質の豆が使用されているのでコーヒー通にはたまらないだろう。
甘いもの好きには入るたびにコーヒーと一緒に、ついついケーキも注文してしまうという落とし穴もある。

ノリノリで跳ねる姉妹と枯れた森
明日香は、高校を卒業してすぐに親しくなった友達だ。
明日香ちゃんのプラスポイントは、人を否定しなくて、細かい事はどうでもいいという寛大さ。
私が親しくなりたいと言ってきたようだが、たしかに、そんな気がする。
遊びに行くと、問題は小さくなるので、とても安心する。
引き締まっていてスレンダーなのに夜、おなかがすいてファミレスでステーキを食べに行ったりするらしい。

湿気の多い祝日の早朝は目を閉じて

本日の晩御飯は一家そろって外食なので、少年は昨日からすごく楽しみにしていた。
何を食べようかな、と夕方にはいろいろと考えていた。
カレーやハンバーグ、天丼やカツ丼、なんてメニュー一覧にはどんな物があるのかと想像していた。
行く場所はこの前できたばっかりの和風レストランだ。
お父さんが運転してくれている車はもうじきお店の駐車場に到着する。
お母さんは助手席から外の景色を見ている。
お姉ちゃんは少年の横で、手鏡でニキビをチェックしている。
少年は車のドアを閉めると、ワクワクしながら、店の入り口を開けて皆が来るのを待った。

前のめりで叫ぶあの子と飛行機雲
好きなミュージシャンはいっぱい居るけれど、この頃は洋楽ばかり流していた。
でも、日本国内の歌手の中から、大好きなのがCHARAだ。
charaは多数の曲を出している。
人気がある曲なのは、HEAVEN、いや、DUCAなど。
日本には多くのミュージシャンが知られているが彼女は彼女は負けない個性がピカピカと見える。
国内には、海外でも活躍するアーティストも多いが、彼女も人気が出るような予感がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」あたしを無人島に持って行って
こんなフレーズが思いつくことにビックリする。
だいたい曲作りも行っていて私の意見としては感受性がありカリスマ的な才能がある存在だ。
JUDY&MARYのユキとコラボして作った「愛の火、3つ、オレンジ」も、欠かせない。
格好良かったから。
誰だって一度は思う、思われたい感覚の事柄を、うまく一言で表しているから。
キャッチフレーズコンテストなんかに参加してほしい。

サイトカテゴリ

Copyright (c) 2015 オジサンの主張は曲がらない All rights reserved.
▲ページの先頭へ